バストアップのゴールデンタイム

バストアップのゴールデンタイムは?

バストアップ,ゴールデンタイム

 

睡眠にはゴールデンタイムがあり、睡眠とバストアップは関係のあるものです。睡眠は生きるために大切なもので、バストアップにはとても重要なものです。寝不足の人は昼寝をすれば良いと思われるが、寝るだけではバストアっプは出来ないです。

 

それは、睡眠時間と質も大事だからです。バストが成長するには女性ホルモンの分泌量が関わっていて、成長期の頃は昼夜関係なく女性ホルモンの分泌が盛んです。この時期に睡眠をきちんと取っていないと、女性ホルモンの量が少なくなってしまいます。

 

女性ホルモンが夜の睡眠時間は22時から2時頃が、1番活発に分泌される時間帯です。この時間に熟睡する事でバストがアップしやすくなるので、きちんと寝る事です。ホルモンの分泌は、寝てから約2時間後に始まります。

 

質の良い睡眠には、ノンレム睡眠とレム睡眠のバランスが大きく影響していきます。2つの睡眠は90分づつ繰り返してリズムを刻んでいて、女性ホルモンにはノンレム睡眠時に多く分泌されます。質の良い睡眠を取るために行う事は、寝つきを良くする事です。

 

寝つきを良くするには、就寝1時間前からはスマホやパソコン等の画面は見ないようにします。食事は就寝の3時間前までに済ませる事で、食べ物を消化中はリラックスモードにならないためです。軽くストレッチを行い、リラックスするようにしましょう。

バストアップに良い寝る時間

バストアップ,ゴールデンタイム

 

バストアップするのに効果的な時間帯は夜10時から夜中の2時の間で、その時間帯に寝ている必要があります。この時間は成長ホルモンの分泌が活発になる時間帯で、この時間に寝ると細胞が修復や再生や栄養の供給機能がフルで稼働出来るようになります。

 

夜10時に寝る事が難しい人は、12時までには寝るようにするとバストが育ちやすい環境が作れます。どうしても12時でも寝れない人は、体内時計に合わせて睡眠を取るようにします。成長ホルモンが分泌するのは、寝始めてから30分から3時間がピークです。

 

深夜1時までに寝ると、細胞の修復と再生機能が活動出来るギリギリの時間になります。成長ホルモンの分泌量のピークの時間ともかぶるので、バストがアップしやすくなります。流石に深夜の1時ならどんな人でも寝る事は出来るので、最低でも1時までには寝るようにします。

 

そして少しづつ12時半にしていったりして早くしていき、10時には寝れる習慣を付けていきます。成長ホルモンが分泌されると、バストにある乳腺が刺激受けて発達するようになります。このために、バストが大きくなっていくのです。

 

バストは脂肪と乳腺だけで出来ているので、バストアップさせるには乳腺を発達させる事が大切です。

寝る前にホットミルクでバストアップする

バストアップ,ゴールデンタイム

 

牛乳を飲むと身長が伸びると良く言いますが、牛乳は学校給食にも良く出るので、子どもの中には一生懸命飲んでいる人も多いです。大人になると意識をして飲む人は少なく、カロリーが高いために反対に控える人もいます。

 

その牛乳を上手く活用する事で、バストアップ効果がうまれるのです。飲み方としては、ホットミルクで飲むのが効果的です。牛乳を温めて飲むのですが、飲む時間も大切です。それは寝る前に飲む事で、寝ている時には成長ホルモンが1番活発になり成長ホルモンに影響を与える事が出来るためです。

 

成長ホルモンが活発になると、バストの乳腺に届いて発達して大きくなっていきます。また牛乳にはカルシウムとタンパク質が豊富に含まれていて、どちらの栄養素もバストに欠かせないものです。寝ている間の活動時間に、バストに栄養素を届ける事で大きくなります。

 

ホットにする理由は、冷え性の改善が出来るためです。末端神経まで温かくする事で、バストアップには大敵な冷え性が改善出来るのです。コップ1杯を飲むだけで良いので、気になるカロリーはダイエットを阻害してしまう程にはならないです。

 

ホットミルクには安眠作用もあるため、リラックスして寝る事が出来て疲れも取れやすくなります。

夜に垂れないバストアップ対策

バストアップ,ゴールデンタイム

 

「もう少し胸が大きければいいのに…」「バストアップして自信を持ちたい!」そんな夢をお持ちの女性は多いですよね。ちょっとでも大きくしたいから、自分のバストを一生懸命マッサージしてみたり、サプリを飲んでみたり。それも充分に効果のあることだと思います。

 

しかし、バストを大きくするポイントが夜にあったってご存知でしたか?

 

ブラジャーの欠点は胸を締めつけられるところ。夜、または就寝中はストレスを感じたくないという理由で、ブラジャーをつけないという方もたくさんいらっしゃいます。むしろ付ける方のほうが少ないというデータもあります。

 

ところが、就寝中にブラジャーを付けないことで、バストが垂れてしまうおそれがあるのです。これは、胸についた脂肪分が流れてしまい、脇の下や背中のほうにまで移動してしまうことで起こってきます。これを防ぐためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

夜にバストが垂れないようにするのは、窮屈な日中用のブラは絶対に嫌、という方にも安心な「ナイトブラ」という選択肢があります。ワイヤーの入っていないタイプは肌にも優しく楽な気持ちで着用できますし、立体構造でしっかりと支えてくれるタイプならバストの型くずれも防ぐことが可能です。

 

好みは人それぞれですので、色や柄なども見つつご自分の目的に適したナイトブラを探してみてください。

ボンキュートの通販購入はこちら!トップページへ胸の小ささに悩んでいる方、セクシーボディを手に入れたい方はトップページでボンキュートサプリの詳細を確認してみてください。