イソフラボンで育乳を目指す

イソフラボンを毎日摂取し育乳を目指す

イソフラボン,育乳

 

イソフラボンと言うのは主に大豆に含まれている成分です。イソフラボンが育乳にどう関係しているのかと言うと、イソフラボンはホルモンバランスを整えてくれる働きがあります。女性ホルモンの分泌が少ない時は分泌を促進してくれ、女性ホルモンの分泌が多い場合には分泌を抑制してくれるという働きをしてくれます。

 

この働きによって、女性らしい丸みを帯びた身体を作ってくれたり、バストアップ効果といった育乳につなげてくれます。

 

イソフラボンには乳腺を増やす効果があります。乳腺は乳房全体のうちわずか1割しかなく、これが増えるということは、乳腺を取り囲んでいる脂肪の量も増やしてくれます。これが、イソフラボンによる育乳効果です。

 

女性らしい丸みを帯びた身体を作る効果もあります。乳腺と脂肪を増えたところにさらに脂肪が増えるので、バストアップにつながり育乳が期待できるのです。

 

イソフラボンの働きは、育乳につながる働きをしてくれるのでイソフラボンが多く含まれている食材を積極的に摂取することで、女性ホルモンを増やし、乳房の脂肪を増やしてバストアップにつなげ、育乳を目指せます。

 

イソフラボンが多く含まれている大豆製品を毎食おかずとして摂り入れたりすると、よりイソフラボンが摂取しやすくなるのでおススメです。

イソフラボンで育乳する

イソフラボン,育乳

 

女性が女性らしい身体付きになるには、女性ホルモンが必要です。女性ホルモンの1つの子宮や乳腺の発達を促しているのは、エストロゲンです。バストは乳腺と脂肪から出来ていて、エストロゲンの作用を促進させるような食事を摂取するのがバストアップ効果に繋がっていきます。

 

どんな食事を摂取するのが良いのかは、大豆イソフラボンが含まれている食品を食べる事です。大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た作用があり、化学構造が似ています。大豆イソフラボンは納豆や味噌や豆腐等の、大豆製品に多く含まれています。

 

豆腐や納豆等はカロリーが低く、安くてそれなりの量が買えるので身体にも財布にも優しいです。普段のおかずを減らして代わりに豆腐や油揚げの味噌汁を一品足したり、少し小腹が空いた時にお菓子の代わりに納豆を食べればバストアップをしながらダイエットまで出来ます。

 

ただし食品から摂取をしたイソフラボンの吸収率は個人差があり、食品では分子が大きいので腸内細菌の力により糖を分解して吸収しないといけないです。腸内細菌が少ない人は、イソフラボンが多い物を食べても吸収されないです。

 

このためイソフラボンサプリなら、初めから糖が除かれているので腸内細菌が少ない人でも効果を得やすいです。

アルコールは育乳に悪影響なのか

イソフラボン,育乳

 

アルコールはバストアップにはあまり好ましくなく、バストアップに励んでいてもアルコールを毎日飲んでいるとバストアップの妨げになる事があります。アルコールを摂取すると肝臓に負担がかかり、身体にとって毒であるので一生懸命解毒させるために肝臓がフル稼働するためです。

 

肝臓が弱ってしまうと、ホルモンバランスも崩れてしまいます。ホルモンバランスが崩れると、他の健康被害も及びます。肝機能の数値が悪い人は、アルコールの摂取を控えるようにします。ビールに含まれているホップには、大豆イソフラボンと似た働きをするのでバストアップ効果があるとされています。

 

しかしビールは利尿作用があるので、肌やバストアップの事を考えると前後に水分をしっかりと摂る事が大切です。ビールは飲み過ぎる事がなければ、問題はないです。アルコールを飲むと血行が良くなるので、バストに必要な栄養素が届きやすくなります。

 

飲み過ぎに注意をしていれば、バストアップをするのにも良い作用が働きます。完全に飲酒をやめてしまうと、ストレスになるので反対に育乳に良くないです。肝機能を高める努力をしながら、マッサージやストレッチ等に取り組んでバストアップケアを目指していきましょう。

育乳に必要な栄養素は?

イソフラボン,育乳

 

バストは女性ホルモンに近い物質により、乳腺を活性化させてふっくらとさせていきます。胸の筋肉を育てる栄養素により、胸のハリや形を良くします。ふっくらさせて形をよく盛り上げる両方の効果を狙い、女性ホルモンに近い成分が配合されている乳腺を刺激するものを摂取するようにします。

 

女性ホルモンに近い成分には、植物性エストロゲンであるイソフラボンやボロンやタンパク質です。筋肉にいい成分で胸を盛り上げるには、アミノ酸やタンパク質等の栄養素になります。植物性エストロゲンであるイソフラボンは、大豆製品に多く含まれています。

 

味噌や納豆や醤油等加工されているものが多く、毎日食べる事が出来るものが多いです。ボロンはキャベツやりんごやレーズン等で、タンパク質は乳製品や肉や魚です。ボロンはホウ素とも言われていて、熱に弱い成分であるのでキャベツ等は生で食べるようにします。

 

生野菜を沢山食べるのは出来ないので、レーズンのような乾燥させて成分が凝縮されたものが良いです。タンパク質は筋肉やホルモンの両方からバストアップに欠かせないので、鶏肉は皮を取り除いて食べると低カロリーです。

 

アミノ酸は、卵や乳製品や海藻やエビ等に多く含まれています。

ボンキュートの通販購入はこちら!トップページへ胸の小ささに悩んでいる方、セクシーボディを手に入れたい方はトップページでボンキュートサプリの詳細を確認してみてください。